その名はゴールキーパー山岸

J1昇格をかけてのトーナメントが始まりましたね。
最初の試合は、ジュビロ磐田対モンテディオ山形。

試合を決めたのは、アディショナルタイムになってからの山形の勝ち越し点でした。

セットプレーからヘディングでゴールを決めたのは。
山岸ゴールキーパー!!!

っへ???

その瞬間、誰もが目を疑ったそうです。

コーナーキックの準備中に、するすると相手のゴール前までやってきて、上手にヘディングを決めてしまってました。

あと数分でゲームが終わるというときには相手ゴール前までキーパーが行くのはよくあることのですが、ドラマティックすぎるw

ゴールキーパーがヘディングでゴールしたのは、Jリーグ史上初らしい。

おめでとうございます!
これは次の千葉との戦いも面白そうだな~

山形というと天皇杯の決勝で、ガンバ大阪と戦うことが決まってますね。

今年の両チームは、何かをやらかしてくれる気がしまくりです。

むっちゃ楽しみ(*´▽`*)