夢の中でも仕事をしていた

普段夢を見る方ではないのですが、こないだ、何だかよく分からない夢を見てしまいました。

夢の中で私は仕事をしていて、レジに来た常連のお客さんと色々世間話をした後
商品の注文を受け、それを台帳に記入しようとする所でした。

が、記入する段階で、そのお客様の名前を思い出せず、ずっと悩んでいました。

いつもよく来て、どの町に住んでいて、歴史小説をよく買う人。
周辺の情報は出てくるのに肝心のその人の名前が出てこず、ずっと唸っていました。

すると近くにいたバイトの向井理くん(何故か普通に働いていた)が、「あの人オガタさんですよ」と教えてくれて、
「そうだったそうだった!」と機嫌が良くなった所で目が覚めたのですが…。

向井理を夢に見るなんて、どんだけ好きなんだろうと自分にあきれ、
よく考えたらそのお客さん、オガタさんという名前ではなかったのです…。

しかし夢の中でも仕事するなんて損した気分です。もっといい夢を見たかった…。